スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゲーム感想:逆転裁判5  

大阪の実家に帰ってきてます。
たまにしか帰らなくなってるけどやっぱり実家は落ち着く…今のお仕事は大阪出張がそこそこあるのでグッドですぞ。


そんなわけで久しぶりにお時間作れたのでたまってた感想とかでもやっていこうかなと思った次第。

まずはこれ、「逆転裁判5」。
前作の逆転裁判4から約6年ぶりのナンバリング作品となった今作の感想でも書いていきましょう。

ネタバレはあまりしないつもりだけど一応分けておきますね










さて、まずはおっきなくくりの感想として…


ス ゴ イ 良 か っ た !


媒体が3DSになったり、ドットから3Dになったりと作品的にはかなり大幅に変わった今作だったけども、そこはさすがに6年の間に出てた関連作のノウハウを吸収したり昇華してたりの部分が大きかったので個人的には期待通りに出来だったな、と、満足でした。アニメパートでいつもの面子のいつものセリフを聞くとやっぱりグッと来るものがある…

<良かったところ>
・探偵パートの簡略化
あとでもまあちょっとだけ述べるけどまずはここかな。旧作は特に行ったり来たりが多くて予想外に時間くったりする場面もあったので、今作はここがわかりやすくポイントを纏めてスムーズにいけたかなと。

・3Dによる表現の幅の拡張
ここはレイトンvs逆転裁判でも思ってたところ。特にドットでは表すのが非常にめんどくさい部分をポリゴンでは簡単にできるようになって、それを遺憾なく発揮してたのは良かった。

あーでも裁判パートのカメラアングルとかはレイ逆のほうが良かったな。この辺りはレベルファイブの技術の凄さだと思う。カプコンではまだ吸収できてないところなんでしょう、この辺りは次回作に期待したい。

・新システム、旧システムの兼ね合い
まずは新システムから。
ココロスコープはやってて楽しかった。次々に状況が変わるのは逆転検事のシステムの応用だけど、そこがさらに進化して現れてたかな、と。
カンガエルートは使われる場面が秀逸だった。いかにも「クライマックス!!」みたいなここぞという場面で使うからもう盛り上がるしかないでしょこれ。このシステムは是非是非継承していって欲しいところ。

旧システムもちゃんと残ってて旧作のファンも安心な感じだった。見ぬくはほぼ探偵パートオンリーだったけども、個人的にアレを裁判パートで使うのはいちゃもんだったと思ってるので良判断だったと思う。
唯一不満があるとすればサイコロックかな。旧作からずっとやってるせいか、この場面で一発で解除できるのは若干不満でした。サイコロックは(出てきた直後だと)一回で解けない部分があって、ヒントを取ってきて再度解除しに行く…というのが定番だっただけに拍子抜けした部分だった。


<微妙だった点>
・旧作キャラの扱い
ここは結構微妙だったと感じた。特にオドロキ君以外の4のメンバーかな、お話としてオドロキ君にスポットがあたってる場面が結構あるのに、肝心のオドロキ君の周りの人間が異常に少ないのはなんとも言いがたい感じ。
旧作での1~3だとその辺りが秀逸だっただけに不満やなー。3以前のキャラはともかく、4のキャラもっと出しても良かったと思う。

・探偵パートのやらされ感
ここは前述でも良い点に上がってたんだけど、簡略されすぎて「やらされてる感」が出てしまったのは残念かなーと思う。まあこの辺りのバランスって非常に難しいと思うから次回以降に期待したいところ。
あと探偵パートでの定番ネタがなくなってたのも個人的には残念。


こんなとこかな。色々言った気はするけど総合すると非常に満足しています。旧作ファンに向けた作りが多かったにも関わらず、新しい風を吹き込んでくる。そんな感じの作品でした、DLCでの追加の話も楽しみです。


今日はこんな所で。せっかく実家に帰ってきてるし普段できないことを色々やりたいなー

スポンサーサイト

category: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gs922.blog.fc2.com/tb.php/6-e9b76afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。